『悪魔が来りて笛を吹く』原作とドラマを比較してみた!

この記事は約7分で読めます。

横溝正史先生の
『悪魔が来りて笛を吹く』
人気があり何度も
ドラマになっていますね。

そこでそれぞれの
ドラマのストーリーを
原作と比較してみました。

つまりここでは
全てネタバレになっていますので
未見の方はご注意を。

スポンサードリンク
 






『悪魔が来りて笛を吹く』原作のストーリー

昭和22年9月。
金田一耕助
一人の女性が訪ねてきた。

彼女の名は椿美禰子(みねこ)。

初めてのモンタージュ写真で
世間をにぎわした『天銀堂事件』
容疑を受けたことを苦に自殺した
元子爵椿英輔の娘である。

「父は本当に亡くなったのでしょうか?」
突拍子もない依頼であった。

亡くなった椿元子爵の姿を
見たという者が現れ、
母の秌子(あきこ)が怯えているという。

今夜、
それを占う『砂占い』をするので
来てほしいということだった。

金田一が出向いた椿邸には
秌子の叔父・玉虫公丸元伯爵
兄の新宮利彦家族が居候していた。

 

皆が揃い『砂占い』が始まった。

占いは計画停電を利用したものだったが、
停電が解除された途端
異様なフルートの演奏が聴こえる!

これは
レコードプレーヤーによる
トリックだったが、

流れていたのは
椿元子爵の作曲による
『悪魔が来りて笛を吹く』
というレコードであった。

そして占いの場に戻って来ると、
砂に火炎太鼓のような模様が!

それを見て明らかに驚愕する者がいた。

美禰子は亡くなった椿元子爵が
遺した手帳に
その火炎太鼓がメモってあり
『悪魔の紋章』
書いてあったのを金田一に教える。

その夜
フルートを吹く椿元子爵が現れ、
玉虫元伯爵が殺害された。

傍らには雷神の像と
血で描かれた『悪魔の紋章』が!

じつは
『悪魔の紋章』とよく似た痣が
利彦の左肩にある。

椿元子爵は利彦の痣のことを
言ったのだろうか。

警察が捜査を始めると
椿元子爵のフルートケースが見つかり、
中から『天銀堂事件』で
盗まれた宝石が入っていた。

やはり椿元子爵が犯人なのか。

金田一は
捜査を任されている等々力警部から、
椿元子爵を告発する手紙
を見せてもらった。

タイプで打たれた手紙は
椿元子爵に近い者でないと
知りえない内容であり、

宝石の換金について、
椿家の書生・三島東太郎
相談したと書かれていた。

当の椿元子爵は
長く勾留されても口を割らず、
やっとのことで
「神戸の須磨に行った」
白状したという経緯があった。

そして美禰子は椿元子爵の遺書は
挟んであった本の状態から
『天銀堂事件』の前に書かれたものだと
気付くのだ。

椿元子爵は
『天銀堂事件』の犯人にされても
隠しておきたい理由があった。

美禰子よ、父を責めないでくれ。父はこれ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことは出来ないのだ。由緒ある椿の家名も、これが暴露されると、泥沼のなかへ落ちてしまう。ああ、悪魔が来りて笛を吹く。父はとてもその日まで生きていることは出来ない。

自殺するほどの理由が
須磨にあると考えた金田一は
出川刑事と須磨に向かう。

椿元子爵が宿泊した須磨の
旅館「三春園」の女将から、
かつて近くに
玉虫伯爵の別荘があったと教えられる。

金田一が行ってみると石燈籠に
椿元子爵の手による
『悪魔ここに誕生す』の落書きがあった。

やはり椿元子爵には理由があったのだ。

出川刑事の聞き込みや女将の話から、
以前植木屋・辰五郎の娘・駒子
玉虫伯爵の別荘に
手伝いに行っている間に妊娠し、
辰五郎の弟子・堀井源助
結婚させられ小夜子を産んだと。

その辰五郎は空襲で死ぬまで
誰かを強請っていたらしい。

駒子は淡路島で
妙海というになっているというので
金田一と出川刑事は淡路島に向かった。

しかし、一足先に妙海は殺されていた。

妙海を世話していた
隣村の住職の慈道から
小夜子は自殺したこと、
小夜子の父は利彦だということ。

そして妙海が利彦殺害を
懸念していたと聞き、
金田一たちは驚くのと同時に
利彦が殺されたという一報を受けるのだ。

利彦は椿邸の温室で絞殺されていた。

秌子に無心し、
獲たのだろうダイヤの指輪が
温室で飼育されている
ウツボカズラの中でみつかった。

一体誰が犯人なのか?

混迷する捜査の中、
金田一は等々力警部に
今回の犯人は椿元子爵に似ている
『天銀堂事件』の真犯人
仲間にしている可能性を示唆した。

数日後、
芝の増上寺で『天銀堂事件』の
最有力容疑者・飯尾豊三郎
死体が発見された。

同日、
本物の三島東太郎は
死んでいるということ。

自殺した
小夜子の腹にいた子どもの父親は
妙海の兄・治雄であり、
治夫の身体的特徴が
東太郎と同じだということが分かった。

 

台風の中、
金田一と等々力警部が椿邸に向かうと、
秌子は鎌倉の別荘に行ったという。

何やら
『悪魔』を見た、この家に居られない
と慌てて出ていったと。

秌子は本当に悪魔を見たのだろうか。

金田一たちが別荘に行くと
秌子は死んでいた。

持病のの中に
青酸カリが仕込んであったのだ。

翌日、
金田一は今回の事件の
関係者を集め、
事件の真相を解明する。

犯人を名指ししようとすると
東太郎が自ら犯人だと名乗りでる。

東太郎は利彦が妹・秌子を犯し
生まれた治雄が自分であると、
左肩にある利彦と同じ痣
『悪魔の紋章』をみせる。

 

彼は同じく
利彦の子であることを知らずに
小夜子を愛した。

全てを知ったのは復員してからだった。

自分たちの運命を呪い、
その運命を作った者たちへ
復讐するために椿家に潜り込んだ。

その目的を知った椿元子爵は
懊悩し、死を選ぶこととなったのだ。

東太郎は
椿元子爵の黄金のフルートで
『悪魔が来りて笛を吹く』
を演奏してみせる。

この曲は指が2本ない東太郎にでも
演奏できるもので、
椿元子爵は彼自身を
『悪魔』と称したのだろう。

笛を吹き終わると東太郎は
フルートに仕込んだ
青酸カリで死ぬのだった。

スポンサードリンク
 






ドラマ版『悪魔が来りて笛を吹く』は原作とこんなに違う

何度もドラマになっているのですが、
ストーリーが随分と違います。

相違点をピックアップしていきましょう。

1977年『横溝正史シリーズI・悪魔が来りて笛を吹く』TBS


金田一耕助 …古谷一行

  • 秌子は東太郎の告白を聞き、自分を恥じて自殺する。
  • 東太郎は飯尾豊三郎を殺し血の付いた手袋を洗っているのを目賀に目撃されたので殺害した。
  • 玉虫伯爵殺害のトリックは原作で金田一が最初に語った紐を使って外から施錠する方法に変わっている。
  • 小夜子の死因は服毒自殺から海への投身自殺になっている。

 

1992年『名探偵・金田一耕助シリーズ・悪魔が来りて笛を吹く』TBS


金田一耕助 …古谷一行

  • 東太郎は戸籍上、椿子爵のこどもとなっている。
  • 東太郎が失った中指と薬指が小指と薬指になっている。
  • 東太郎が近親相姦した設定はない。
  • 東太郎は5歳まで玉虫伯爵の別荘で育つ。
  • 東太郎の乳母のお松が後に飯尾に殺される。
  • 椿子爵が悪魔と呼んだのは利彦のこと。
  • 椿子爵を天銀堂事件の犯人だと密告したのは利彦である。

 

1996年『横溝正史シリーズ・悪魔が来りて笛を吹く』フジテレビ


金田一耕助 … 片岡鶴太郎

  • 舞台は東京ではなく岡山県の農村。
  • 利彦と秌子は従兄弟。玉虫公丸は父親で新宮子爵になっている。
  • 東太郎の近親相姦の設定はない。
  • 目賀、一彦、信乃、小夜子は登場しない。
  • 悪魔の痣があるのは利彦ではなく秌子。
  • 公丸と利彦が英輔に天銀堂事件の罪を着せ殺害した。
  • 利彦は秌子に殺された。

 

2007年『金田一耕助シリーズ・悪魔が来りて笛を吹く』フジテレビ


金田一耕助 … 稲垣吾郎

  • 秌子は殺されない。
  • 玉虫は利彦と秌子の父になっている。
  • 玉虫殺害現場は密室ではなかった。
  • 金田一は淡路島で妙海と会えた。
  • 華子、信乃、慈道は登場しない。

 

2018年『スーパープレミアム・悪魔が来りて笛を吹く』NHKBS


金田一耕助 …吉岡秀隆

  • 原作とは逆で秌子が姉で近親相姦もリードしていた。
  • 利彦殺害現場は温室ではなく防空壕である。
  • 東太郎は金田一が解明するまで自分の出生の秘密を知らなかった。
  • 事実を知った東太郎が秌子を襲い等々力警部に射殺される。
  • 東太郎がフルートを吹くことはない。

ドラマ化されるたびに
ストーリーが原作から
離れていくのがわかります。

ドラマを見てファンになる方も
多いのですが、
ぜひ原作も読んでみてほしいですね。

今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました