八つ墓村 頭に付けていたのは「ろうそく」or「懐中電灯」

八つ墓村のあのシーンが怖いですw
ほら、猟銃を持った男が頭に
ろうそく…いや、懐中電灯だったかな?

八つ墓村に出てくるあの男は
頭に何を付けていたのかしら。

スポンサードリンク
 






八つ墓村 要蔵の頭にはろうそくor懐中電灯どっち?

八つ墓村の話題になると、
この「ろうそく」か「懐中電灯」かと
議論されますよね。

あなたはどっち派ですか?
まずは正解を見てみましょう。

 

 

正解画像

青白い顔でL字型の
懐中電灯を二本頭に巻き、

首からナショナルランプを下げ、
兵児帯に刀をぶち込み、

両肩からは弾帯を掛け、
猟銃を手にした背の高い男

田治見要蔵が村人32人を
惨殺したというシーンです。

やっぱ、怖いw

 

要蔵を演じていた俳優さんは
山崎努さん。

この映画では二役されています。

どちらも鬼気迫る演技ですね。

正解は「懐中電灯」でしたね。

 

ろうそくだと思った方も多いでしょう。
私も観た時からろうそくだと
思い込んでいました。

なぜ間違えたのか…疑問です。

 

―もしかして、これかな…

丑の刻参り1

丑の刻参り2

 

これは丑の刻参りです。
頭にはろうそくがありますよね。

初めて観た時、
コレだと勘違いしたのかもしれません。

 

それに八つ墓村には
濃茶の尼というまさに濃い
キャラクターの登場人物がいます。

濃茶の尼

この濃茶の尼や丑の刻参り
要蔵のスタイルが混乱して
ぐちゃぐちゃになったようですね(^^;

私も含めて間違っていた方は
今日から訂正しましょう。

スポンサードリンク
 






まとめ

以上、
八つ墓村に登場する
あの男の頭にあるのは
「懐中電灯」でした。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました