八つ墓村のロケ地 鍾乳洞は山口?あの神社や駅は?

この記事は約4分で読めます。

怖かったですね、
あの鍾乳洞のシーン。

八つ墓村の鍾乳洞は
どこでロケされたのか気になります。

他にも神社や駅など
八つ墓村のロケ地を調べてみました。

スポンサードリンク
 






八つ墓村のロケ地 鍾乳洞はどこ?山口?

鍾乳洞

満奇洞(まきどう)

満奇洞は1977年の渥美清さん、
1996年の豊川悦司さん、
2004年の稲垣吾郎さんが
金田一耕助を演じた
『八つ墓村』のロケ地でした。

千枚田という皿状に重なった鍾乳洞で
小梅おばあちゃんが
プカッと浮かんだシーンは
忘れられません。

満奇洞

満奇洞は岡山県指定天然記念物で、
江戸時代の末期にタヌキを追っていた
猟師によって発見されました。

地名にちなんで「槇の穴」と
呼ばれていましたが、
昭和4年に歌人の
与謝野鉄幹・晶子夫婦が訪れて、
奇に満ちた洞くつ―満奇洞―と詠み、
「満奇洞」と変わりました。

与謝野鉄幹・晶子の 歌碑

入り口には
与謝野鉄幹・晶子の
歌碑が立っています。

まきの洞 夢にわが見る世の如く
玉より成れる殿づくりかな   ―鉄幹―

満奇の洞 千畳敷の蝋の火の
あかりに見たる顔を忘れじ   ―晶子―

 

入洞料 高校生以上 1000円
中学生 800円
小学生 500円
営業時間 8:30~17:00(入洞は16:30まで)
アクセス方法(車) 中国自動車道 北房ICから車で約20分
中国自動車道 新見ICから車で約30分
交通アクセス(公共) JR井倉駅から満奇洞行きバス約40分、終点下車
駐車場 あり
住所 新見市豊永赤馬2276-2

 

じつは鍾乳洞のロケ地は
日本中にあります。

監督の野村芳太郎さんが
かなりこだわって探し回ったようです。

公表されているロケ地を
上げておきます。

山口県 秋芳洞

秋芳洞

山口県 景清洞

景清洞

山口県 大正洞

大正洞

岩手県 滝観洞

滝観洞

高知県 龍河洞

龍河洞

沖永良部島 水蓮洞

水蓮洞

沖永良部島 昇龍洞

昇龍洞

 

八つ墓村のロケ地 神社

三座神社(さんざじんじゃ)

辰弥のお宮参りシーン

覚えていらっしゃるかしら、
寺田辰弥のお宮参りのシーンです。

今ある鳥居は映画公開後の
1987年に作られた
新しいものに変わっています。

三座神社1

三座神社の石段

アクセス JR伯備線方谷駅から直線約4.3km
徒歩約1時間43分
車で約21分
住所 高梁市中井町西方1943

八つ墓村のロケ地 駅

備中神代(びっちゅうこうじろ)駅

備中神代駅1

寺田辰弥が森美也子と一緒に
八つ墓村に帰郷した時に
降り立った駅です。

備中神代駅2

2001年に当時の建物は撤去され、
一部を残すのみになりました。

現在はJR伯備線と芸備線が
乗り入れている駅です。

八つ墓村のロケ地 滝

神庭の滝1

神庭(かんば)の滝

「日本の滝百選」に選ばれた滝です。
高さ110m、幅20mの
中国地方随一のスケールです。

神庭の滝2

『八つ墓村』の冒頭で、
傷だらけの尼子義孝ら
落武者たちが必死に
よじ登っていた滝です。

何人かは足を滑らせて
滝壷へ落ちていましたね。

開場時間  8:30~17:15
入場料 大人300円、小・中学生150円
アクセス(車) 中国自動車道落合ICから約40分または、米子自動車道久世IC・湯原ICから約30分
駐車場 普通車94台
住所 岡山県真庭市神庭640

八つ墓村のロケ地 田治見家

田治見家のロケ地として
広兼邸が有名ですね。

広兼邸

広兼邸は1800年頃、
小泉銅山とローハ(硫酸鉄)の製造で
巨万な富を築いた
大野呂の庄屋・広兼氏のお屋敷です。

江戸末期に建てられた、
楼門造りで城郭のような石垣は、
今もなお当時の富豪ぶりが伺えます。

広兼邸内部

広兼邸門
門番がいます

入場料 大人400円、小中学生200円
開場時間 9:00~17:00(12月~3月は10:00~16:00)
アクセス (公共)JR備中高梁駅から車で40分
(車)岡山自動車道賀陽ICから車で60分
駐車場 35台
住所 岡山県高梁市成羽町中野2710

スポンサードリンク
 






まとめ

いかがでしたか。
『八つ墓』のロケ地を
サッと見てきましたが、
実際に訪れてみるのも
楽しいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました